交通事故対策

 やぶにらみの安全運転管理

>>現在の公開は、

    「交通事故は結果、原因は違反行為」

  「運転記録証明書と分析結果」、「交通事故分析」

    「結果と対策」「意識づけツールと方法」となっております。

    

 内容は、業務中の交通事故対策で悩まれている管理者の方を対象に、下記表の交通事故対策の概要」に基づいて説明しております。  やぶ管


 交通事故対策の概要

 

 担当者として持っていただきたい概念

  交通事故は、結果 原因は、違反行為

 ≫ 社員の感情を変えることは難しいが、

     意識を変えることはできます。

 対策に向けての基礎データ
 ≫ 「運転記録証明書

   と 「運転記録証明書の分析結果

 ≫ 自社の交通事故発生報告書、データ

 

 基礎データの分析と問題点の抽出

  交通事故の分析は、

  無償の「交通事故分析ツール」が使用

  できます。  

 

 対策と実施

 運転記録証明書の分析結果」と

 「交通事故分析」結果による対策と実施

 

 

◉参考データ(運転記録証明書から見た翌年の交通事故発生率)

   下記のグラフは、自動車安全運転センター が行った23年度調査研究

     「 過去5年間の事故•違反回数別翌年の事故人員発生率」

のデータを基に作成したグラフです。

平成22年12月末現在 日本の免許保有者 8,100万人のうち6年以上免許歴のある者 7,700万人の

▼ H17~H21の間の事故および違反の有無で区分

▼ 翌H22年中の交通事故の発生人員

をグラフにしたものです。

   交通事故者、違反者は、

        翌年の交通事故発生人員率も高くなる。

    5年間無事故・無違反者であっても

        翌年交通事故を起こす人は、232人に1人となっている。